劇場挿入歌「Believe again」の意味って何だろう?「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」


2019年1月4日から劇場公開されている完全新作劇場版「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」のラブライブ!決勝延長戦で披露されたSaint Snowが歌う挿入歌「Believe again」の意味についてのお話です。

「Believe again」の意味は?

カタカナ読み方は、「ビリーブ アゲイン」です。

「Believe(ビリーブ)」は、「<人を、物を>信じる」「言うこと信じる」「思う」などの意味があります。

「agin(アゲイン)」は、「再び」「また」「重ねて」「元の所へ」「さらにそれだけ」などの意味がります。

ストーリー的に、姉の鹿角聖良から妹の鹿角理亞へ伝えてたいことが、曲がタイトルの意味になっている思うので、「Believe again」は「自分をもう一度信じて」が良いのではないかと思います。

「Believe again」と「Awaken the power」

劇場版を観た人から「SaintSnowの話はテレビと同じことをやってない?」という意見を見かけるのですが、個人的には違うと思っています。

テレビアニメ2期では、ラブライブ予選の失敗を乗り越えて、聖良がいなくても理亞がひとりで出来る事を、妹から姉に想いを伝える為に作った曲が「Awaken the power」で、新しい力を目覚めたお話でしたが、劇場版では、その後のスクールアイドル活動が上手くいかずラブライブ予選で失敗ことをフラッシュバックして落ち込む理亞に、姉から妹へ想いを伝える曲が「Believe again」だと思っています。

最後に

鹿角姉妹愛に号泣する映画「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」の情報はこちらでまとめています(T ^ T)

投票クリックして貰えるとブログ更新がんばルビィします(๑╹ω╹๑ )
にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク