劇場挿入歌「Brightest Melody」の意味ってなんだろう?「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」


2019年1月4日から劇場公開されている完全新作劇場版「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」のラブライブ!決勝延長戦で披露されたAqoursが歌う挿入歌「Brightest Melody」の意味についてのお話です。

「Brightest Melody」の意味は?

カタカナ読み方は、「ブライテスト メロディー」です。

「Brighest(ブライテスト)」は、「最も明るい」「眩しいぐらいの輝き」「明るい」「輝かしい」という意味があります。これはもう「最も輝かしい」がベストですね。泣いちゃいそうです・・・

「Melody(メロディー)」の意味は、「曲調」「旋律」「楽曲」という意味がありますが、そのまま「メロディー」でも良い感じですね。

日本語の訳としては、「最も輝かしいメロディー」が良いのではないでしょうか?

ちなみに略称は、ニコ生のコメントより鈴木愛奈ちゃんが反応した事により「ブラメロ」で決まってしまった感じです。

アンサーソングになる?

「Brighest(ブライテスト)」の意味が「最も輝かしい」と聞いて、Aqoursことを知っている方なピンとくるからもしれませんが、Aqoursデビューシングルのタイトルが「君のこころは輝いているかい?」です。

疑問形で始まるデビューシングルのタイトルに対するAqoursの答え・・アンサーソングが「Brightest Melody」ではないか?と思ったりしています。

あと「ブラメロ」のダンスフォーメンションについてですが、「君ここ」と同じように曜ちゃんが中央になって「A」も文字が意識したフォーメンションになっています。

最後の立ち位置が・・

結構違ったりします・・

「ブロメロ」は、左側に1年生、中央に2年生、右側に3年生とテレビアニメオープニング主題歌の「青ジャン」の流れ的な配置になっていますが、「君ここ」と比べると・・

曜ちゃんだけ同じ位置!という結果になっていますが・・・

新しいAqours

映画のエンディング曲として「Next SPARKLING!!」はAqours9人で歌う演出になっていますが、劇場版のストーリー的には、「Brightest Melody」がAqours9人で歌う最後の曲になっており、「新しいAqours」を見つけるキッカケの曲となっています。

千歌ちゃん達が見つけた「新しいAqours」の形、答えを、ぜひ劇場で確かめて下さい(T ^ T)

最後に

「Brightest Melody」を含む劇場版のすべて挿入歌リリースが決定しています。こちらで店舗特典をまとめているので良かったらどうぞ。

その他の劇場挿入歌についてはこちらもよかったらどうぞ。

劇場情報(舞台挨拶、物販情報、入場者プレゼント、フォトセッション)についてはこちら。

劇場挿入歌が初披露される5thライブの情報はこちらです。

投票クリックして貰えるとブログ更新がんばルビィします(๑╹ω╹๑ )
にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



コメント

  1. 匿名 より:

    ブライエストではなくブライテストかと思われます。brightの最大級としてbrightestがつく為、最も明るい。眩しいぐらいの輝きを意味するものと思われます。

    • しーらんど より:

      ご指摘ありがとうございます。ブライテストで修正しました。

      曲名の意味も「最も輝かしいメロディー」にしてみましたm(__)m