機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)をUC(ユニコーン)を全部観てないけど行ってきたよ。


2018年11月30日より劇場公開が開始された「ガンダムNT(ナラティブ)」のお話です。多分、ネタバレ含みます。

あらすじ

U.C.0097――
『ラプラスの箱』が開かれて一年。
ニュータイプの存在とその権利に言及した『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みが大きく変化することはなかった。

のちに『ラプラス事変』と呼ばれる争乱は、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の瓦解で終結したかに見えた。
その最後の戦闘で、2機のフル・サイコフレーム仕様のモビルスーツが、人知を超えた力を示す。 白き一角獣と黒き獅子、2機の脅威は、封印されることで人々の意識から遠ざけられ、忘れ去られるはずだった……。

しかし、2年前に消息不明となっていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せ始めた。
金色の“不死鳥”……その名は、フェネクス――

機動戦士ガンダムNT公式より

ガンダムUC(ユニコーン)観てなくても大丈夫?

大丈夫でした!

特に戦闘シーンが迫力があるので、普通にロボットアニメとして楽しめます。

ただ、ガンダムの最低限の知識が必要な作品です。

ファーストガンダムから続くU.C.(宇宙世紀)を舞台にした作品なので、ユニコーンより「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ZZガンダム」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の4作品を観て置いた方がより楽しめる作品だと感じました。

特に「逆襲のシャア」が最優先かな?

ちなみにユニコーンはネットの知識で、

  • 主役は、バジーナ。
  • ユニコーンは白いの黒いの2体いる。
  • シャアっぽい人はクローン。
  • ミネバは本物
  • ラプラス宣言という記念日がある?

これだけ劇場に足を運びました・・・

NTはアレックスじゃないの?!

タイトルの「機動戦士ガンダムNT」を観た時、「アレックス」と勘違い。

こいつ↓

アレックスは、アムロ・レイの為に開発された機体なのですが、結局、アムロは搭乗しなかった機体です。

これとは全く関係なく・・

NTガンダムは、「逆襲のシャア」でアムロが搭乗したνガンダムの試作機の設定みたいで、型番がNTガンダムは「RX-9」、νガンダム「RX-93」となっています。

あと、ユニコーン3号機フェネクスですが、無人で光速移動するガンダムだったですが、もう私の知ってるガンダムではなかったです・・スパロボに参戦したら最強ガンダムになるんじゃないかな?

NT(ナラティブ)とNT(ニュータイプ)のお話

UC(ユニコーン)は、U.C.(宇宙世紀)をなぞったタイトルになっていましたが、今回のNT(ナラティブ)もNT(ニュータイプ)をなぞったタイトルとなっているので、ニュータイプについての話になっています。

もうニュータイプは、哲学というか宗教というか難しい話に仕上がってました・・・

ガンダム宇宙世紀メモリアル

劇場で販売していた商品なのですが、面白そうだったので購入しました。

「機動戦士ガンダム」から「機動戦士Vガンダム」の宇宙世紀作品と、その先の世紀「ガンダムGのレコンギスタ」「ターンAガンダム」が年表としてまとめてあったり、RXシリーズの開発の流れの説明があったり、宇宙世紀作品がこれ一冊で分かる内容となっています。

2000円とちょっと高い目ではありますが、かなり満足しています( ´ ▽ ` )にわかにはありがたいです。

最後に

スタッフロールのあと「閃光のハサウェイ」の予告が流れていました。

来年の冬公開らしいです。

ハサウェイって逆シャアで出てたブライトさんの息子さんだったかな?


スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする